昭和48年創業の町田市の病院です。

スタッフインタビュー

看護師

 

多くの学びを得て一人一人が輝ける場所

Q.こちらに入職されたきっかけや決め手になったことを教えてください。

A.以前の職場で一緒に働いていた方が先にこちらに入職したことがきっかけでした。町田胃腸病院さんのお話をその方からお伺いするほどに興味を持ち、ぜひ私もここで働きたいと考えるようになりました。私自身も消化器科系の現場が長く、今までのキャリアを存分に活かしながら、さらに踏み込んだより専門性の高い知識や技術を身につけられる場所なのではないかと期待しました。ちょうど自宅からも通いやすい距離にあったというご縁も重なり、ぜひこちらで働きたいと思いました。

Q.現在のお仕事内容やお仕事をされる上で大切に考えられていることを教えてください。

A.私は現在、病棟勤務をしています。患者さんの日々の健康状態を確認して、維持管理することが私たちの主な仕事です。毎朝のバイタルチェックからはじまり、お一人お一人に対して必要となる処置を行ったり、検査の補助など業務内容は多岐にわたります。患者さんの年齢も若い方からご高齢の方まで幅広く、病状も急性期から慢性期まで人によってさまざまです。私たち病棟看護師はそんな患者さん一人一人の状態を正確に把握し、それぞれの方に対して適切な対応を取ることが重要となります。

こちらには術後の患者さんも多く入院していらっしゃいます。病気の種類や部位によってもそれぞれ手術のやり方や必要となるケアは異なりますし、術後の経過も患者さんごとにさまざまです。寝たきりの状態になられる方もいらっしゃいますので、その方にあった最良のケアとは何かを常に考えながら患者さんとは向きあうようにしています。

患者さん側としても慣れない検査や手術をひかえられて不安なお気持ちでいっぱいなことと思います。まずはお一人お一人のお気持ちに丁寧に寄り添い、しっかりと耳を傾けてサポートさせていただくことがここでは重要なことと考えています。

Q.この仕事を通じてやりがいや充実感を感じるときはどんなときですか?

A.目の前の仕事につい追われてしまうこともありますが、患者さんからふと自分の名前を呼んでいただけるときや「ありがとう」といった感謝の言葉を直接かけていただける瞬間には強いやりがいを感じます。特に名前を呼んでいただけることは本当に嬉しいことです。毎日たくさんの看護師がケアにあたる中で、自分の名前を憶えていただけるなんてことは本当にありがたいことですからね。患者さんとの強い絆や信頼関係を確かめられる瞬間でもあり、とても嬉しく思います。

Q.この仕事を通じて感じるご自身の成長とは?

A.以前は「こちら側が必要だと思うケアを患者さんにして差し上げる」といった視点で物事を見ていたように思いますが、今は逆に「患者さん側がどうしたいのか」を主軸に考えてケアにあたるようになったと思います。回復具合においても患者さんとの関係性が大きく影響することがあります。だからこそ患者さん側の立場になって物事を見ることはとても大切なことだと感じています。消化器科系の仕事に携わって10年以上のキャリアとなる私ですが、まだまだ患者さんから学ぶことは日々多くあることを実感しています。

Q.これからの目標や達成してみたいことはありますか?

A.私は安全管理者としての役目も担っています。病院全体として、これからも安全に医療をご提供し続けるために、事故を未然に防ぐためのいわゆる“ヒヤリハット”のさまざまな事例を学んでみたり、普段の業務から一歩引いて病院全体のこととして捉え直すような取り組みを行っています。まだまだ勉強中の身ではありますが、身近な経験の中からも学ぶべきことがたくさんあります。目の前の業務に追われるほどについ見落としてしまう危険もあると思います。あらためて広い視野で全体を見渡すようにこれからも意識したいと思います。

Q.職場の風土や雰囲気を教えてください。

A.病棟看護士は現在20名ほど。子育てと両立しながら働いていらっしゃる方も多いですので、みんなで自然と助けあおうとする風土があります。勉強会なども必要に応じて都度行われていますし、情報交換はスタッフ同士で毎日活発に行われています。スタッフ間の連携も厚く、何か問題があれば実際にあったケースをみんなでしっかりと共有し、積極的に学びあう場が設けられています。わからないことがあれば気軽に誰にでも相談できるフラットな関係性ですし、お休みの相談にも柔軟に対応していただけて働きやすいです。

Q.この仕事に向いている方や「こういう人と一緒に働きたい」と思われる方はどんな方ですか?

A.当院は急性期から慢性期の方までさまざまな状態の患者さんが入院されていらっしゃいます。そのため幅広い知識や技術が身につきやすく、看護師としての経験も広く学ぶことができます。働き方においても個々の事情に応じて、夜勤や勤務時間などにも相談にのってくれやすい環境ですので、自分らしいペースで無理なく仕事に取り組むことができます。初めての方もみんなで優しく育ててくださる温かな職場ですので、ぜひ安心してお越しいただければと思います。

看護師(6年目)

 

自分らしいスタイルで働くことを応援してくださる職場です!

Q.こちらに入職されたきっかけや決め手になったことを教えてください。

A.結婚を機に地方から東京に引っ越してきました。幼い子供もいるため、「子育てと両立しやすい働き方ができる場所」といった点を重視しながらこちらを選ばせていただきました。家から通いやすい距離にあったことに加え、こちらでは夜勤が最低2回から始められますし、土日勤務も選ぶことができます。希望すれば日勤だけの勤務も可能です。自分としても無理のない働き方が叶えられることはとても心強かったですね。

日勤だけの勤務などは、一般的な病院ではパート扱いになることがほとんどなのに、こちらでは正社員として勤務することもできます。子育て時期だけでなく、それぞれのご家庭でご事情があったり、年齢を重ねればもちろん体力的な問題も出てくることかと思います。そういった働く側の事情にもしっかりと耳を傾けてくれて、自分らしい働き方を相談できることはとてもありがたい環境だと感じました。

こちらに来る以前も私は内科や循環器系の病院で看護師として勤務していたので、以前の経験をそのまま活かした上で安心して働くことができました。

Q.現在の仕事内容やこの仕事をされる上で大切に考えられていることを教えてください。

A.私は病棟看護師です。ここは満床時で50名ほどの入院患者さんがいらっしゃいます。看護師は2チームに分かれて活動しており、月単位でシフトが組まれてそれぞれの担当が割り振られます。ここでは患者さん一人一人の現状を正しく把握し、適切な対応を取ることがとても重要となります。毎日のバイタルチェックをはじめとした健康管理から各種処置、検査や手術の補助まで業務内容は多岐にわたります。

私は感染予防の担当でもあるため、さまざまな対策も今まで以上に意識して行っております。特に今は新型コロナの影響で、ご家族の面会もご遠慮いただいている状態にあります。患者さんたちにとっては、会いたい人に会えないというストレスで大変お辛い思いもされていらっしゃることと思います。私たちとしてもとても心苦しい限りなのですが、抵抗力が弱まっていらっしゃる患者さんたちを安全にお守りするためはいたしかたないことでもあります。

今、私たちにできることは今まで以上に患者さんのお気持ちにしっかりと寄り添ってお気持ちをすくい上げることだと感じています。自分が業務に追われてしまっているときほど患者さんのご様子にしっかりと気を配るように意識していますし、不安なお気持ちを生じさせないためにも自分自身ができるだけ落ち着いて患者さんと向きあうように心がけています。

Q.この仕事を通じてやりがいや充実感を感じるときはどんなときですか?

A.やはりなんといっても一番は患者さんが元気になられて退院されるときですね。退院が決まったときの患者さんの笑顔は格別ですし、何度見送らせていただいても自分のことのように嬉しく思います。長くお辛い時間をともに過ごされた患者さんの退院ほど感動してしまいますし、心の底からこの仕事に対してのやりがいを強く感じられてます。

Q.この仕事を通じて感じるご自身の成長とは?

A.こちらの病院に来て初めて外科手術や処置を経験しました。今までのキャリアに加えて新しい経験が積み重なったことで、自分のケアのあり方にも厚みを感じるようになりました。それぞれの場面、個々の患者さんのケースに応じて必要となる視点は何かといったような部分で学ばせていただくことが大いにありましたし、以前と比べると主体的に考えて動ける自分に少し成長したのではないかと思います。

Q.これからの目標や達成してみたいことはありますか?

A.私は3人の子供の子育てをしながら働いています。まだまだ手のかかる時期ですので、今はひとまず子育てと仕事を両立させることが目下の目標です。いずれ資格取得など自分のキャリアアップにも挑戦してみたいとは考えていますが、まだまだ一日一日を無事に過ごすことで精一杯ですね。子供の急な病気も多くて、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。それなのに職場のみなさんは理解ある方たちばかりで、温かな応援の言葉をよくいただきます。本当に優しいみなさんに支えられながら毎日仕事ができています。

Q.職場の風土や雰囲気を教えてください。

A.ここは離職率がとても低く、若い方たちがみんな生き生きと働くことができている職場です。勉強会や委員会活動なども業務時間外で行うことが一般的ながらも、こちらでは勤務時間内で行ってくださるので定時で帰りやすく、オンオフのメリハリもしっかりとつけられるのでとても働きやすいです。申し送りなどの情報共有もしっかりと行われておりますので、初めての方でも安心して働くことができます。

Q.この仕事に向いている方や「こういう人と一緒に働きたい」と思われる方はどんな方ですか?

A.ここは自分らしい働き方を見つけやすい職場です。自分らしい働き方ができれば、きっと無理なく長く続けられるはずです。新人さんにはチームのみんなで手厚くサポートさせていただきますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせいただければと思います。

看護師(1年目)

 

心を尽くした丁寧なケアにこれからもこだわり続けて―

Q.こちらに入職されたきっかけや決め手になったことを教えてください。

A.入職のきっかけは偶然見つけた求人情報でした。当時の私は別の病院で看護師として勤務していましたが、消化器内科の診療をメインで扱われているこちらの病院にとても興味を持ち、応募させていただきました。

実は私が看護師になって初めて担当した科が消化器科でした。そのときに感じたのはケアの奥深さでした。消化器系の疾患を患われている患者さんのケアというものには、どこか他の科にはない深みのようなものを感じます。その方の生き方そのものをお支えさせていただくような感覚で、強いやりがいを感じられるこの仕事をもう一度やってみたいと考え、こちらに入職させていただきました。

Q.現在の仕事内容やこの仕事をされる上で大切に考えられていることを教えてください。

A.私は今、病棟で勤務しています。患者さんたちの日々の健康管理をしたり、処置や検査の補助など、一人一人の患者さんに対して必要となるケアをご提供させていただいております。患者さんの中にはがんを患われている方、長期にわたる治療を必要とされる方なども多くいらっしゃいます。病気と共存しながらもその方らしい生き方を一緒に模索することが求められる現場でもあります。専門的な知識や技術がまさに必須となる場所でもありますから、そういった部分においても常に積極的に学ぶ姿勢は欠かせません。

私はこちらに入職してまだ日も浅いですので、先輩たちに支えられながら学ぶ日々を送っています。実際の現場の中で先輩方にマンツーマンでついていただいて丁寧にご指導いただけますので、とても安心して自分の仕事に向きあうことができています。

Q.この仕事を通じてやりがいや充実感を感じるときはどんなときですか?

A.月並みな表現かもしれませんが、やはり患者さんが回復されて退院なさるときが一番嬉しいですね。特に寝たきりだったような患者さんが退院できるまで回復されたときなどは感動もひとしおです。入院中はどうしても食事制限など細かな禁止事項がありますから、今までダメだったものが少しずつ許可されるときや、それによって目を見張るほどの劇的な回復をなさるときなども、患者さんのおそばで一緒になって喜びを共有できて嬉しく思います。

Q.この仕事を通じて感じるご自身の成長とは?

A.看護師となって10年以上のキャリアとなりますが、医療は日々進化していますので以前のやり方がそのまま通用するとは限りません。この仕事は常に自ら学ぶ姿勢が欠かせない仕事です。特に消化器科においては最新の知識や技術が必要とされることも多々あります。あらためて今までの自分の経験を丁寧に振り返ることの大切さを感じています。

Q.これからの目標や達成してみたいことはありますか?

A.まだまだ勉強しなければならないことばかりですが、一日も早く一人前の看護士として戦力になれるといいなと思います。どの科においてもそうですが、それぞれの科で必要となる専門的な知識と技術があります。患者さんごとにそのやり方が異なることもよくあることですし、一日の流れによっても臨機応変に対応しなければならないことがあります。看取りを含めたケアなどにおいては正解のない中でのケアが必要となりますし、どのような場面においてもまずは患者さんに対して心を尽くすことを第一に、自分らしい看護のあり方をいつか見つけられたらと思います。

Q.職場の風土や雰囲気を教えてください。

A.新人に対してのフォローがとても手厚くてありがたいです。力をあわせてみんなで育ててくださろうとする温かな職場ですので、どこにいても誰かしら近くにいる先輩が支えてくださいます。わからないことがあってもすぐに解決できる環境であることはとても心強いことですよね。小さな成功があるたびに、自分のことのようにみなさんも喜んでくださいます。看護助士さんをはじめ、他職種のスタッフたちともなんでも気軽に相談しあえる関係ですので人間関係もとても良好です。残業もほとんどなく、プライベートな時間がしっかり取れる職場ですのでとても働きやすいです。急なお休みにもみんなでカバーしあって柔軟に対応しています。

Q.この仕事に向いている方や「こういう人と一緒に働きたい」と思われる方はどんな方ですか?

A.やはり人の命を預かる現場ですので、責任感がある方はとても向いている仕事だと思います。人と人とが接する場所でもありますから、相手の思いにしっかりと耳を傾けられる優しい方とぜひ一緒に働けたらいいですね。ここはとてもアットホームで働きやすい職場です。産休や育休からの復帰の場を探されている方、ブランクがある方もとても働きやすい職場だと思います。ぜひ私たちと一緒にここで働いてみませんか?

看護師(8年目)

 

心がふれあう感覚までダイレクトに体感できる仕事

Q.こちらに入職されたきっかけや決め手になったことを教えてください。

A.看護師歴としては20年以上となります。もともと外科系の病院で長く働いており、私自身もこの仕事が好きで自分に向いていると感じていました。外科の魅力はなんといっても患者さんが快方に向かわれてゆくご様子を間近で直接的に感じられることです。術前術後の関わりも深く、達成感を強く感じることができます。こちらの病院は自宅からもちょうど通いやすい距離にあり、ぜひこちらで今までの経験を活かしながら働いてみたいと思いました。休日の取得率も高い病院であり、子育てと両立しながら無理なく働けるという点にも大きな魅力を感じてこちらに入職いたしました。

Q.現在の仕事内容やこの仕事をされる上で大切に考えられていることを教えてください。

A.現在は病棟にて勤務しています。患者さんたちの普段の健康管理から各種処置、検査や手術の補助など業務内容はさまざまです。また、看護師たちはそれぞれ委員会活動にも積極的に参加しています。私は教育委員会に所属していますが、勉強会をいろいろと企画したり、情報共有を通じてみんなで知識を底上げできるような仕組みづくりに取り組んでいます。

こちらはそれほど規模の大きな病院ではありませんので、患者さんとスタッフの距離感も近くて信頼関係をとても大切にしている病院です。ご高齢の患者さんも多いため、複数の疾患を患われている方も少なくありません。一人一人の情報を正確に把握して、それぞれにおいて適切な対応を行うことがとても重要となる現場です。患者さんに対しては広く正しい知識を持って接することを常に意識しなければなりませんし、最新の情報を得るためにもスタッフ同士の密なコミュニケーションは欠かせません。

また、現在は新型コロナの影響で、ご家族の方との面会もお断りせざるをえない厳しい状況が続いています。患者さんたちにとってはとても心細い思いをされていらっしゃることと思います。だからこそ、一番近くにいる私たちがしっかりと患者さんをお支えしなければならないと強く思いますし、患者さんお一人お一人との絆を大切にした丁寧なケアをいつも以上に心がけることの大切さを痛感しています。

Q.この仕事を通じてやりがいや充実感を感じるときはどんなときですか?

A.毎日の些細な出来事の中にも大きな達成感を感じられる仕事です。例えばひとつの処置が終わったときや患者さんにちょっとでも良い兆しがが見られたときなどはとても嬉しく思います。中でも特に退院される瞬間はやはり特別な嬉しさがあります。長く入院されていた方ほど感慨深く思いますし、人と深く接する現場でもありますから、心の深い部分でふれあった感覚やぬくもりはやはり患者さんお一人お一人に確かにあるものです。そういった部分まで丁寧に味わいながら、これからも患者さんとは接してゆきたいと思っています。

Q.この仕事を通じて感じるご自身の成長とは?

A.自分自身も年齢を重ねてきて、若い頃の感性とはいい意味で少しずつ変わってきているように思います。ケアの仕方においても少しずつではありますが深みが増してきている実感があります。とはいえ、こちらには私なんかよりももっとキャリアを積まれているベテラン看護師さんたちが大勢いらっしゃいます。先輩たちのケアの仕方や声掛けひとつを見ても、まだまだ自分には足りない部分があるなと反省する日々です。これからも先輩たちに良い刺激をいただきながら、自分らしいケアのあり方を模索してゆきたいと思います。

Q.これからの目標や達成してみたいことはありますか?

A.まだまだ先のことで漠然とした目標ですけれども、例えばいつかケアマネジャー資格など専門性の高い資格を取得できたらいいなと考えています。何かひとつのことを極めてみることで、ものの見方もきっと変わってくると思いますし、さらに一歩踏み込んだケアもご提供できるようになるかと思います。

Q.職場の風土や雰囲気を教えてください。

A.病棟看護師は20名ほどのチームです。私自身も子育てと両立しながら仕事を頑張っている身ですが、こちらにはそんな同じような子育て世代のスタッフが多くいます。また、子育てをひと段落されたような先輩ママも多いため、みなさんとても理解のある優しい方たちばかりです。仕事面においてのチームワークもさることながら、誰かが困っている様子であれば自然とみんなで声をかけあって励ましあえる関係です。患者さんに関する情報交換もスタッフ間でまめに行っていますし、垣根なくなんでも相談しやすい雰囲気がありますので安心して仕事に取り組むことができています。

Q.この仕事に向いている方や「こういう人と一緒に働きたい」と思われる方はどんな方ですか?

A.人との豊かなコミュニケーションを育める力はこの仕事においてひとつ大切な要素だとは思いますが、そんなに堅苦しく身構えることなく、誰でも取り組める仕事だと思います。ご興味のある方はぜひ一度見学にお越しいただければと思います。

募集要項

【パート】看護師・准看護師(眼科)

【パート】看護師・准看護師(眼科)

雇用形態 パート
仕事の内容 *眼科に関する業務
*外来・白内障手術・その他
賃金

時給:1,800円~2,200円

賞与 なし
通勤手当 実費支給 上限なし
就業時間

9:00~16:00

水・木・金・土曜日のうち 2日間~4日間 応相談

時間外 なし
休日

月・火・日・祝・その他

育児休業取得実績 あり
利用可能な託児所 なし
年齢 不問
学歴 高校以上
必要な免許・資格 正看護師・准看護師 必須
必要な経験等 不問
加入保険 労災
加入保険は法定通り
マイカー通勤 不可
勤務地 〒194-0023
東京都町田市旭町1-17-21
小田急線・横浜線町田駅よりバス5分。バス停留所より徒歩8分。
応募方法 応募フォームよりご連絡ください。
【正社員】看護師・准看護師(外来勤務)

【正社員】看護師・准看護師(外来勤務)

雇用形態 正社員
就業形態 フルタイム
仕事の内容 *外来看護業務
*外来化学療法
*内視鏡補助
*その他外来業務
賃金

a+b:240,000円~332,000円

a)基本給
220,000円~270,000円

b)定額的に支払われる手当
調整手当:15,000円~45,000円
住宅手当:5,000円~17,000円

c)その他の手当
精勤手当:7,000円
職務手当:20,000円~

賞与 あり 前年度実績 年2回・計3.00月分
通勤手当 実費支給 上限なし
就業時間

08:30~17:00

時間外 あり 月平均15時間
休日

週休二日(木曜・日曜・祝日)

年間休日数 123日
育児休業取得実績 あり
利用可能な託児所 なし
年齢 64歳以下(定年年齢を上限)
学歴 不問
必要な免許・資格 正看護師・准看護師 必須
必要な経験等 *実務3年以上
*内視鏡補助できる方歓迎
加入保険 雇用 労災 健康 厚生
退職金制度:あり 勤続3年以上
定年 あり 一律 65歳
再雇用 あり
マイカー通勤
勤務地 〒194-0023
東京都町田市旭町1-17-21
小田急線・横浜線町田駅よりバス5分。バス停留所より徒歩8分。
応募方法 応募フォームよりご連絡ください。

当院のホームページはこちら